【肉フェスTOKYO2018】へ行ってきた!

毎年各地で様々なグルメフェスが行われていますが、安定して人気が高いお肉の祭典”肉フェス”!今回はお台場で開催された【肉フェスTOKYO2018】のレポートをお届けします。
まだグルメフェス自体行ったことがない方も、少しでも雰囲気が伝わって参考になったら嬉しいです。

【肉フェスTOKYO2018】開催概要

開催日時:2018年4月27日(金)〜5月6日(日)10:00〜21:00
会場:お台場特設会場お台場青海地区P区画(江東区青海1-1-16)
主催:AATJ株式会社

昼前から夜まで開催していて入場料は無料なので、その日の都合に合わせてフラッと立ち寄ることができます。飲食をする際には、食券か電子マネーでの支払いです。食券は1枚700円(税込)で、会場内の食券販売所にて購入できます。
また、ローソンチケットや電子チケット(パスマーケット)でもお得なセットチケットを販売しているので、次回の肉フェスに参加する際には事前に確認してみてください。

120%肉フェスを楽しむためには?

肉フェスは初日からどの時間帯でも混雑している印象です。人気店ですと2、3時間待ちなんてことも…。別料金で1枚500円のファストチケットを購入すれば、行列に並ぶことなくファストチケット専用レーンから優先的に商品を購入できます。
ただし、一度の購入で一回限り使用可能なので、あれもこれも並ばずに…となるとその分料金がかかってしまいますよね。

そこでオススメなのが電子マネー「iD」です!全店舗のファストチケットの購入が不要となるので、追加料金なしでそのままファストレーンを利用できます!
もちろん初めに食券販売の列に並ぶ必要もないので、支払いは電子マネーがマストですね。なお、会場内には電⼦マネーチャージャーはないので、交通系電子マネーを利用される方は、あらかじめ必要⾦額をチャージしてから行くことをおすすめします。
メニューはいずれも700円か1400円なので、チャージ金額は多めにしておくといいかもしれません。

オススメ店舗とメニューはこれ!

【肉フェスTOKYO2018】では20店舗以上が出店しており、お肉だけでなく、クレープやパフェなどのスイーツ店舗もありました。
ステーキやハンバーグや焼肉など種類豊富で、どこからともなくお肉のいい香りが漂ってきてブースを見て回っているだけでもワクワクします!
注目は、浅草開化楼×肉玉そばおとどの「東京名物 肉汁 おとど餃子(700円)」と、羽根つき焼小籠包 鼎’s(Din’s)の「羽根つき焼小籠包(700円)」です。こちら肉料理ではないのですが…2店舗とも餃子フェスでも大行列を作るお店なんです。

また、肉汁があふれるガリバタステーキや、柔らかくてとろけるスペアリブなども美味しかったのですが、特に私が個人的にオススメしたいのが舌匠 はま乃の「厚切り熟成とろ牛タン(1400円)」です!
牛タンは別の店舗でも販売していたのですが、ここの牛タンは熟成された厚切りのお肉なので、噛めば噛むほど口いっぱいに旨味があふれて美味しかったです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です