多くの人々で賑わった肉の祭典

肉フェスは、2015年頃から開催が活発化し、注目を集めています。都市部のみならず、地方でも積極的に催されています。中でも、地域ならではのメニューを存分に満喫できる肉フェスは、来場者が多いですよね。
そこで今回は、実際の体験に基づき、肉フェスin国営昭和記念公園2018について解説します。

例年大好評を博しているビッグイベント

肉フェスin国営昭和記念公園2018は、入場無料のイベントです。2018年10月12日~同年同月21日に開催していました。立川北駅から徒歩8分程度の場所に位置する国営昭和記念公園が開催場所です。
アクセス性に優れている公園で催されていたため、訪れる際に移動手段の確保に不便しませんでした。公共交通網を駆使し、迷わずに到着できましたよ。開催当日の会場一帯は、多くの人々が行き交い、活気に満ちあふれていました。
友人達から「累計の来場者数が600万人を突破している人気イベント」と聞いて覚悟していましたが、私も旦那も圧倒されましたね。想像以上の人出の多さでしたが、食券の購入には手間どりませんでした。
事前に電子マネーにチャージしておいたため、食券販売所で必要な枚数の食券をスムーズに購入できましたよ。食券1枚当たりの金額は700円でした。

肉好きを大満足させる店舗が集結

出店している店舗は、バラエティに富んでいます。主催者のニッポン放送株式会社の他、AATJ株式会社やコカ・コーラなど、名だたる企業の意気込みが感じられました。1番最初に私達家族が向かった店舗は、肉バルCarne Tribeです。
ネット上で話題になっていたため、肉バーガーを注文しました。こちらのお店の肉バーガーは、パティでスライスしたトマトとチーズをサンドしています。思い切りかぶりつくと具材1つ1つの風味が口の中で融合し、絶品でした。見た目のインパクトが大きいため、肉好きだけでなく、インスタ映えする写真を撮影したい方にもおすすめのメニューです。

次に立ち寄った店舗は、銀座WORLD DINNERです。こちらの店舗では、黒毛和牛のリブロースがシャリの上に鎮座している肉寿司をいただきました。肉寿司を初めて食べた私は、とても感動しました。脂の旨みや甘みが口いっぱいに広がり、上品な味わいを楽しめましたよ。プチ贅沢を満喫したい方には、銀座WORLD DINNERがピッタリです。

女子に大好評の店舗・メニュー

多種多様な店舗が立ち並ぶ中、TEJI TOKYOでは女性客が長蛇の列を作っていましたよ。私達家族は、若い女性に大人気のチーズタッカルビをオーダーしました。こちらで提供されていたチーズタッカルビは、具材にコチュジャンソースの甘辛い味が染み込み、チーズのまろやかな風味とマッチしていました。
カルビとチーズの最強タッグに舌鼓を打ち、とても幸せな気持ちになりましたね。カルビが好きな方には、一度味わってみてほしいです。因みに、肉料理だけでなくドリンクのメニューも充実していましたよ。
お肉と相性が良いビールが種類豊富に揃っていたため、旦那は喜んでいました。ビールが苦手な方には、レモンサワーがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です